• 2020年5月2日 Ver 1.62 Build 1062
    AxelaNote内蔵の自動更新機能にてバージョンアップに失敗する場合は
    こちらからインストーラーをダウンロードして、上書きインストールをお願いいたします。
    ・【機能改善】書き込み対象を移動した場合、移動後のすべてのページがPDF出力にて反映されるようになりました。
    ・【不具合修正】高負荷PCにおいて起動時にエラーとなる件についてタイムアウトを増やしエラーにならないようにしました。
    その他、軽微な機能追加と不具合修正を実施

 

  • 2020年4月21日 Ver 1.61 Build 1061
    ・【機能追加】PDFに加えて画像にも書き込みができるようになりました。jpg、png、tiff、bmpに対応します。
    ・【機能追加】PDFに加えて画像も出力できるようになりました。jpg、pngに対応します。
    ・【機能追加】分類と採番機能について、分類ごとの小計と合計のテキストを生成できるようになりました。
    ・【機能追加】太さに「極めてとても細い」が追加されました。
    ・【機能追加】線ツールに二重線が追加されました。
    ・【機能改善】書き込み対象の移動機能について、サイズが異なっても移動できるようになりました。
    ・【UI向上】用紙外のオブジェクトが青枠で表示されるようになりました。
    ・【不具合修正】終了時に「アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発見されました。」と出て異常終了する不具合を終了しました。
    その他、軽微な機能追加と不具合修正を実施

 

  • 2020年4月8日 Ver 1.59 Build 1059
    ・【機能追加】axlファイルをドラッグ&ドロップできるようになりました。
    ・【機能追加】書き込み対象PDFを移動できるようになりました。例えば修正前原稿へのコメントを修正後原稿に重ねて確認することができます。

    ・【機能追加】書き込んだテキストをCSVで一覧として出力できるようになりました。

    ・【機能追加】オブジェクトの整列機能を搭載しました。

    ・【機能追加】カーソルキーでオブジェクトを移動できるようになりました。
    ・【UI向上】タスクバーにAxelaNoteアイコンが表示されるようになりました。

    ・【UI向上】最小化ができるようになりました。

    ・【UI向上】休止状態からの復帰、ディスプレイの変更に対応しました。
    ・【UI向上】起動が若干速くなりました。
    ・【UI向上】Acrobat DC(有料版)と同時起動できるようになりました。
    ・【不具合修正】トライアルフル機能にもかからわずオブジェクト数の制限があった不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】稀にページを移動すると書き込み領域が狭くなる不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】稀に元PDFのサイズをご認識する不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】稀にPDF出力において全ページ出力されない不具合を修正しました。その他、軽微な機能追加と不具合修正を実施

 

  • 2020年3月1日 Ver 1.58 Build 1058
    ・【機能追加】1ページあたりの最大オブジェクト数が1000になりました(前バージョンまでは500)。
    ・【機能追加】オブジェクトのグループ化ができるようになりました。
    ・【機能追加】線と四角・画像をつなげることができる連結機能を搭載しました。
    ・【機能追加】スタンプが押せるようになりました。現在は認印と日付印に対応しています。
    ・【機能追加】テキスト編集時にあらかじめ登録した語句を挿入できる定型語句機能を搭載しました。
    ・【機能追加】テキスト編集時に自動的に番号を振る分類と採番機能を搭載しました。
    ・【不具合修正】テキスト編集で一部の記号の直後に改行される不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】65536色未満の画像を分割すると黒くなることがある不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】他プロセスへの影響がないように動作を見直しました。
    その他、軽微な機能追加と不具合修正を実施

 

  • 2020年2月1日 Ver 1.57 Build 1057
    ・【機能追加】アイテム「四角」に辺のない四角を追加しました。行を跨いで文章を囲むときにご活用いただけます

    ・【機能追加】複数のテキストオブジェクトを選択してフォントやフォントサイズを一括で変更できるようにしました。
    ・【不具合修正】テキスト入力で半角英数字があると改行される不具合を修正しました。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2020年1月20日 Ver 1.56 Build 1056
    ・【機能追加】連番でないページ番号を持つPDFに対応しました(注:Acrobat Reader DC 2019.012.20034以上、もしくはAcrobat Reader 2017の最新版が必要です)。
    ・【UI向上】ウィンドウサイズを変更してもスクロール位置と拡大率を初期化しないようにしました。同じ用紙サイズ間のページ移動でも初期化しないようになりました。
    ・【不具合修正】ライセンス認証に失敗した場合、まれに猶予期間に移行しない不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】水平スクロールバークリック後にキーによるスクロールができない不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】用紙サイズと解像度の組合せ次第でページ端にスクロールするとまれに書き込みがずれる不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】多数のタブが開いている際にタブクリックによる画面遷移が失敗する不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】DPI225以上で起動時にエラーが発生する不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】ページ最下段の書き込みが出力したPDFに反映しない不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】PDF出力にて最下段の一部が描画されない不具合を修正しました。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年12月31日 Ver 1.55 Build 1055
    ・【不具合修正】まれにフリーズする不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】まれに描画がずれる不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】PDF出力にて最下段の一部が描画されない不具合を修正しました。
    ・【UI向上】起動が早くなりました。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年12月14日 Ver 1.54 Build 1054
    ・【UI向上】拡大縮小が最大で10倍速くなりました。
    ・【UI向上】横スクロールがスムーズになりました。
    ・【UI向上】起動が1秒~5秒程度早くなりました。
    ・【UI向上】PDF出力が20%程度早くなりました。
    ・【UI向上】高速モードを新設しました。高速モードでは以下の効果を得られます。
    ・追加でPDFを開く、閉じるのが早くなります。
    ・拡大縮小が若干早くなります。
    ・タブ切り替え時のちらつきがなくなります。
    ・起動が若干早くなります。
    高速モードはAxelaNote起動時に以下の条件を満たすとONになります。
    ・Acrobat Reader DCのバージョンが2019.010.20099以上であること
    ・Acrobat Reader DCのアクセシビリティ機能がONになっていること
    ・Acrobat Reader DCのツールバーに拡大ボタンと縮小ボタンが存在すること
    ・【機能追加】スプラッシュウインドウにキャンセルボタンが付きました。
    ・【機能追加】PDF出力で選択できる「中解像度」の画質が良くなり、出力されたPDFのファイルサイズが小さくなりました。
    ・【機能追加】扱えるPDFのページサイズが従来のA2から1メートル×1メートルに拡大されました。
    ・【不具合修正】まれに出力されたPDFの一部が崩れる不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】AxelaNote対象外のPDFを開くと余計なスクロールバーが表示される不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】まれに高負荷時にフリーズする不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】不要な画面サイズリフレッシュを減らしました。
    ・【その他】トライアルフル機能モードに起動回数制限(計40回まで)を設けました。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年11月23日 Ver 1.53 Build 1053
    ・【機能追加】描画済みオブジェクトの色や太さを変更できるようになりました。
    ・【機能追加】終了時に選択していた色や太さを次回起動時に選択状態とするようになりました。
    ・【機能追加】起動時のバージョンチェックをスキップする機能を追加しました。設定から「起動時のアップデートチェックをスキップする」にチェックに入れることで有効化できます。
    ・【機能追加】SHIFTキーを押しながらオブジェクトを移動することで、縦や横にまっすぐに移動できるようになりました。
    ・【機能追加】SHIFTキーを押しながら線のサイズ変更をすることで、縦や横にまっすぐに伸縮できるようになりました。
    ・【機能追加】オブジェクトやテキストボックスをドラッグした状態で画面端に移動すると、スクロールするようになりました。
    ・【機能追加】ウインドウの最大化・元に戻すボタンを追加しました。
    ・【UI向上】SHIFTキーを押した状態でオブジェクトを選択する際の挙動について、一般的な文書ソフトと同様にしました。
    ・【不具合修正】起動時、まれに起動スピードが遅くなる不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】まれに書き込み対象でないPDFに書き込み画面を表示する不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】一部のディスプレイ解像度でライセンス登録画面が欠ける不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】テキスト入力中に色を変更しても編集完了後まで反映されない不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】既にPDFを開いている場合、まれにAcrobat Readerを発見できない不具合を修正しました。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年10月8日 Ver 1.52 Build 1052
    ・【機能追加】新たに細い線が書けるようになりました。
    ・【機能追加】ドラッグ&ドロップでの画像を張り付けられるようになりました。
    ・【機能追加】新たなPDF出力モード「高解像度」を追加しました。従来の「高画質(標準)」に比べ、出力されたPDFのファイルサイズが約6割~2割ほど小さくなります(元PDFに画像が多いほど小さくなります)。
    ・【機能追加】インストール時とバージョンアップ時以外には管理者権限が不要になりました(従来はAcrobat Readerがアップデートするたびに管理者権限による操作が必要でした)。
    ・【UI向上】メニューバーのボタンにてツールチップが表示されるようになりました。
    ・【UI向上】多オブジェクト時の性能向上のため、オブジェクト移動・サイズ変更時はインジケーターによる移動・サイズ変更としました。
    ・【UI向上】最後に実行したPDF出力モードを記憶するようになりました。
    ・【UI向上】インストール時、デスクトップにAxelaNoteのショートカットを置くようになりました。
    ・【UI向上】メニューボタンの遷移を変更しました。デフォルトは「選択モード」で、線・四角・テキストは書き終わる毎に「選択モード」となるようになりました。
    ・【UI向上】モーションエフェクト「フーリエ変換」を追加しました。波を逐次重ね合わせることにより様々な関数に変貌してゆく過程をお楽しみいただけたらと存じます。フーリエ変換は画像圧縮、制御、地学、医療等など現代科学に欠かせない技術です。

    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年9月24日 Ver 1.51 Build 1051
    ・【不具合修正】上書きインストールでまれに画像貼り付けなどバージョンアップ機能が使えない不具合を修正
    ・【不具合修正】一部のaxlファイルで新axlファイルへの移行ができない不具合を修正
    ・【不具合修正】axlファイルをダブルクリックしてからアップデートのダイアログで「はい」をクリックするとアップデートに失敗する不具合を修正
    次回のアップデートから反映されます。
    アップデートの際はhttps://www.transrecog.com/axelanoteからインストーラをダウンロードしてインストールする、
    もしくは日付が変わったら画面左下のWindowsボタンからAxelaNoteを選択しバージョンアップのダイアログで「はい」をクリックしてください。
    その他、軽微な不具合を修正

 

  • 2019年9月17日 Ver 1.50 Build 1050
    ■■大型バージョンアップ■■
    ・【機能追加】全ての書き込みがオブジェクト化されました。選択・移動・サイズ変更・削除ができます。
    ・【機能追加】画像を張り付けられるようになりました。

    • 図面での利用例
    • ペンを使ってこんなことも

    ・【機能追加】30日間限定で全機能無料で利用できる「トライアルフル機能モード」を常備しました
    ・【機能追加】axlファイルのファイルフォーマット変更に伴い、移行機能を実装しました。
    ・【機能追加】オブジェクトの最前面に移動、最背面に移動を実装しました。
    ・【機能追加】画像オブジェクトの分割機能を実装しました。
    ・【機能追加】タブレットペン長押しによる右クリックを実装しました。
    ・【機能追加】1ページあたりに追加できるオブジェクトの数を50から500にアップしました。
    ・【UI向上】全般的に動作が高速化しました。
    ・【UI向上】Acrobat Reader起動時にダイアログが出るようになりました。
    ・【UI向上】モーションエフェクト「フラクタル」を追加しました。

    • <フラクタル>

    ・【UI向上】Ctrl+Aによる全選択、Delキーによる削除を追加しました。
    ・【UI向上】線や四角は描画中でも選択した色で表示するようにしました。
    ・【UI向上】使用メモリを少なくしました。
    ・【UI向上】PDF出力中に画面を最前面にしないように。これによりPDF出力中でも他アプリで作業ができるようになります。
    ・【不具合修正】右端にテキストオブジェクトを生成できない不具合を修正しました。
    ・【不具合修正】ドロップダウンメニューを連打すると稀にハングアップする不具合を修正しました。

    <既知の不具合>
    ・axlファイルをダブルクリックしてからバージョンアップのダイアログで「はい」をクリックするとバージョンアップに失敗する。
    【回避策1】https://www.transrecog.com/axelanoteからインストーラをダウンロードしてインストールする
    【回避策2】日付が変わったら画面左下のWindowsボタンからAxelaNoteを選択しバージョンアップのダイアログで「はい」をクリックする
    ・TIFF画像を分割すると画像が黒くなる
    【原因】調査中です。ご迷惑をおかけいたします。

 

  • 2019年6月27日 Ver 1.12 Build 1042
    ・【機能追加】PDF出力の出力先・ファイル名を指定する機能を追加
    ・【不具合修正】より安定動作するよう各所見直し
    ・【不具合修正】「AxelaNoteを起動しています」の画面が消えない不具合を修正
    ・【不具合修正】AxelaNote内アップデートでインストール後に起動すると、インストーラが動く不具合を修正
    ・【UI向上】スプラッシュ画面にモーションエフェクトを2種追加

    • <リサージュ>
    • <多体問題>

    ・【UI向上】インストール時、UAC画面に英数字の文字列が表示されていたのを「AxelaNote」と明示
    ・【UI向上】起動時、PDF出力開始・終了時の画面遷移をスムーズに変更
    ・【UI向上】AxelaNote追記対象選択画面が常に手前に表示されて他ウインドウを操作しづらかった問題を修正

 

  • 2019年6月15日 Ver 1.11 Build 1041
    ・【UI向上】起動時に点滅表示していた一部のメニュー表示を抑止
    ・【UI向上】テキスト入力機能選択時に描画済みテキストをクリックすると再編集できるように改良(従来通り選択機能によるダブルクリックでも再編集できます)
    ・【UI向上】テキスト入力時にエディットボックスの点滅が控えめになるように改良
    ・【その他】制約事項にタブレット機能がないとペン入力ができない旨を明記
    ・その他細かい不具合を修正

 

  • 2019年6月10日 Ver 1.10 Build 1040
    ・【機能追加】トライアルフル機能モードを実装
    ・【機能追加】Windows7でもバルーンによる通知を行う機能を実装
    ・【機能追加】Webページリニューアルに伴いリンク先を変更
    ・【機能追加】アンケート、ご意見・ご要望を伺う機能を向上
    ・【不具合修正】高負荷時でも起動できるように処理の見直し
    ・【UI向上】起動してから最初の画面が表示されるまでの時間を短縮
    ・【UI向上】インストール完了時にご利用案内Webページを表示
    ・【UI向上】ご意見・ご要望を伺うタイミングをお客様のご迷惑にならないように変更

 

  • 2019年5月20日 Ver 1.09 Build 1039
    ・【機能追加】文字間隔の設定機能を実装。これを用いると1文字1枠のような記入欄に書き込み位置を合わせることができるようになります。

    ・【機能追加】Acrobat Reader 2017に対応
    ・【UI向上】PDF出力時にAcrobat Readerの画面が慌ただしく動くことがある問題を改善
    ・【UI向上】アップデート版の存在確認を1日1回に変更
    ・【UI向上】基本機能モードで当該機能が利用できない理由を表示するように変更
    ・その他微修正

 

  • 2019年5月14日 Ver 1.08 Build 1038
    ・【機能追加】Acrobat Reader 2015ベースのAcrobat Reader DCに対応
    ・【機能追加】非対応のAcrobat Readerがインストールされている場合はAxelaNoteが利用できないメッセージを追加
    ・【不具合対策】意図しない文字サイズの変更を解消
    ・【不具合対策】テキストオブジェクトの端が切れる可能性を修正
    ・【UI向上】起動時にAcrobat Readerの画面が慌ただしく動くことがある問題を改善
    ・【UI向上】出力したPDFが黒くなる現象がWindows10 バージョン1809の不具合であることを特定したことに伴い、該当バージョンの場合は設定「出力したPDFが正常でない現象を回避する」を強制ONにするように変更
    ・【UI向上】消しゴムで文字を消す場合の当たり判定を緩和
    ・その他微修正

 

  • 2019年4月28日 Ver 1.07 Build 1037
    ・【機能追加】エクスプローラーで拡張子を表示しない設定に対応
    ・【機能追加】追記対象選択画面のメニューによくあるお問い合わせなどを追加
    ・【不具合対策】自動アップデートがファイルを入れ替えないことがある問題を修正
    ・その他微修正

 

  • 2019年4月26日 Ver 1.06 Build 1036
    ・【不具合対策】一部の日本語のユーザアカウントでPDFを正常出力できない問題を修正。
    ・その他微修正

 

  • 2019年4月24日 Ver 1.05 Build 1035
    ・【機能追加】自動アップデート機能を追加
    ・【不具合対策】Acrobat Reader DCの保護モードを有効にしないと起動しない旨のメッセージを追加
    ・【UI向上】多重起動メッセージの廃止

 

  • 2019年3月31日 Ver 1.04 Build 1034
    ・【不具合対策】一部環境でPDFが正常に出力されない(黒くなる等)問題を修正。該当する場合はメニュー→設定から「出力したPDFが正常でない現象を回避する」をチェックすることで解消します。
    ・【不具合対策】稀にテキスト入力が反映されない可能性がある問題を修正
    ・【不具合対策】稀にAcrobat Reader DCを発見できない不具合を修正
    ・【不具合対策】テキストオブジェクトを画面外に書くと編集できない不具合を修正
    ・【機能追加】四角アイテムにチェックマークを新設
    ・【機能追加】線描画時、SHIFTキー押しっぱなしにより線をまっすぐ引ける機能を追加
    ・【機能追加】メニューの設定によくあるご質問と回答へのリンクを追加
    ・【UI向上】描画系アイテム(線、四角、文字)は2回クリックでドロップダウンメニューが出るように修正
    ・【UI向上】Ctrl+Sで保存できるように機能を追加
    ・【UI向上】スプラッシュ画面のデザインを変更
    ・【UI向上】テキストオブジェクト上にカーソルがある場合はカーソル形状を手に変更
    ・その他細かい不具合を修正

 

  • 2019年2月22日 Ver 1.03 Build 1033
    ・Aero無効環境で警告メッセージを表示
    ・Acrobatプラグイン無効化機能を強化
    ・特定のDPIでツールバーの文字が小さくなる問題を修正
    ・特定のDPIでドロップダウンの表示が崩れていた問題を修正

 

  • 2019年2月19日 Ver 1.02 Build 1032
    ・Acrobat Reader DCが見つからないことがある問題を修正

 

  • 2019年2月13日 Ver 1.01 Build 1031
    ・起動時のエラー発生可能性を低減
    ・一部のPDFで文書が出力されない可能性がある問題を修正
    ・PDF出力後、AxelaNoteがAcrobatの背後に移動する可能性がある問題を修正

 

  • 2019年2月12日
    よくあるご質問」にエラーの場合の対処法を順次掲載いたしますので、ご参照ください。

 

  • 2019年2月11日
    Ver1.00 Build 1030が正式リリースされました。β版ご利用の方はアップデートをお願いいたします。β版で作成したaxlファイルはVer1.00で読み込むことができます。