弊社代表の共著論文が情報処理学会論文誌『数理モデル化と応用』に掲載

弊社代表の共著論文「多目的遺伝的アルゴリズムによるITプロジェクトスケジューリング」が、情報処理学会論文誌『数理モデル化と応用(TOM)第11巻第3号(2018-12-20)』に掲載されました。

共著者:森口聡子先生(首都大学東京)

情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)第11巻第3号(2018-12-20)


ペーパーレス化にお困りですか?


既存のPDFに透明シートを重ねる「AxelaNote(アクセラノート)」をお試しください。 書き込み禁止・印刷禁止のPDFファイルも対応できるので、ペーパーレス化に最適です。

働き方改革に取り組む企業から、ペーパーワークの多い大学生まで広く利用頂いております。AxelaNote(アクセラノート)はこちら