続・マクドナルドで一日分の栄養を取れる組み合わせを計算したらさらに衝撃の結果が!

サイドサラダ禁止!

前回は見事にサイドサラダ王になってしまいした。敗因(勝因)は明確で、サイドサラダは1gあたりのカロリーが全96商品中で最も少ないというとてもチートな商品だったのです。

ですので、マイスーパーコンピューターのソルバーがサイドサラダに全振りしてきたというわけです。そもそも、”サイド”サラダのくせにメインディッシュとするなんて邪道中の邪道です。そこで今回はサイドサラダ禁止にして、改めてマクドナルドで最も健康的なメニューを調べました。

変更点は2か所

サイドサラダ禁止という条件に加え、炭水化物の基準量が高すぎるとのご指摘を頂いたので基準量を675gから438.75gに変更しました。体重60kgの30歳男子という条件は前回と同じです。

栄養素 基準量
たんぱく質 (g) 39
脂質 (g) 75
炭水化物 (g) 438.75
ナトリウム (mg) 5,000
カリウム (mg) 3,000
カルシウム (mg) 738
リン (mg) 600
鉄 (mg) 6.3
ビタミンA (μg) 625
ビタミンB1 (mg) 1.4
ビタミンB2 (mg) 1.6
ナイアシン (mg) 15
ビタミンC (mg) 100
コレステロール (mg) 0
食物繊維 (g) 21
食塩相当量 (g) 5.0

そして目的も同じく一日必要な栄養素を満たす最もカロリーの低い商品の組み合わせとします。金に糸目はつけません!

結果

さあ行きますよ。科学の粋を集めたソルバーが火を吹きます。

最適な組み合わせは存在するようです!しかもわずか0.28秒で計算完了!速い!世界最速のスーパーコンピューター富岳がそろばんに見えるぜ!

算出された商品の種類は8種類。偏りなく栄養を摂取するにはやはりこのぐらいの数は必要ですよね。以下がその組み合わせです!

ソフトツイスト(1個)

次世代の食事はデザートから入ります。

シャカチキ チェダーチーズ味シーズニング(1個)

調味料も直に摂取します。

りんご&クリーム(2個)

ちょっと健康的になってきました。

ストロベリージャム(2個)

隠し味も必要です。

マックフルーリー® オレオ®クッキー(3個)

予めデザートを食べるのは次世代の食事では鉄板です。

シャカチキ レッドペッパー味シーズニング(3個)

口の中が甘くなったので辛みで回復します。

バターパット(7個)

ミルクのコクと風味を楽しみます。

そしていよいよメインディッシュ…!

ケチャップ(48個)

おわかりでしょうか。メニューにある調味料群は、実はメインディシュだったんです!これが次世代の健康メニューです!この組み合わせによって以下の通り、一日必要な栄養素を満たす極めて健康的な栄養を摂取することができます。

栄養素 摂取量
エネルギー(kcal) 2,541
たんぱく質 (g) 42.2
脂質 (g) 75.0
炭水化物 (g) 439
ナトリウム (mg) 11,317
カリウム (mg) 6,020
カルシウム (mg) 881
リン (mg) 1,121
鉄 (mg) 6.3
ビタミンA (μg) 1,373
ビタミンB1 (mg) 1.9
ビタミンB2 (mg) 1.6
ナイアシン (mg) 15.6
ビタミンC (mg) 922
コレステロール (mg) 190
食物繊維 (g) 22.3
食塩相当量 (g) 27.1

これが大人のハッピーセット!

いかがでしたか?ビッグマックもポテトもナゲットも食べずサイドサラダさえも食べず、ひたすらケチャップをペロペロ舐める。これが次世代の健康メニューです!伊能忠敬ならこれだけで日本一周するでしょう。これこそ真の完全食です。最高!塩分が多いので、真夏に溶鉱炉で働くといった汗だくの環境にぴったりですね。

ちなみにケチャップは無料とのことなので、店員さんにいくつもらえるのか確認しました。

私「ケチャップはいくつまで貰えるんですか?」

店員「常識の範囲内まで

・・・「常識」はコンピュータじゃ解けないじゃん!

(2021/4/1追記)
完結編を

敵に塩を送らない 前回はケチャップ48個と塩分過多な結果となりました。原因は人類には塩が必要であることをコンピューターが忖度したためで...
に公開しました。

ペーパーレス化にお困りですか?

Windows用PDF編集ソフトAxelaNote(アクセラノート)をお試しください。PDFや画像に透明シートを重ねて書く方式なので、注釈禁止でも印刷禁止でも書き込めます。タブレットPCにもフル対応!今なら14日間無料です。

図面や原稿を扱う建築・製造業様から、レポートの採点をする先生まで広くご利用頂いております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする