PDFを印刷して手書きは紙の無駄!PDFにテキストを書き込もう

令和にもなって、様々な申請書や申込書がPDFでダウンロードできるようになっています。しかしこのPDFというフォーマットは、正確に出力することを主眼として作られているため、WordやExcelと異なり編集や書き込みがちょっと難しいのです。かといっていちいち紙に印刷してボールペンで書いてスマホで撮る、なんて紙の無駄だし面倒ですよね。

そこで、印刷せずにPDFに書き込みができるソフトAxelaNoteを使ったPDF編集方法をご紹介します。

簡単に書き込みできる

まずAxelaNoteを起動し、書き込みたいPDFをドラッグ&ドロップします。

次にテキストツールを選択し、書きたい文字を書きます。

必要に応じて、フォント、フォントサイズ、太字などを選択します。

書き込んだら、PDF出力でPDFを保存します。

あっという間に完了です。見た目もきれいですね。

注釈禁止のPDFにも書き込める

AxelaNoteで書き込むと、編集禁止のPDF、正しくは注釈禁止のPDFにも書き込むことができます。例えば国税庁が配布している申告書など、世の中のPDFの2割は実は注釈禁止なんです。いざ編集しようとしたら注釈禁止で詰んだ・・・なんてこともAxelaNoteならないので安心ですね。しかもこのAxelaNote、元のPDFに直接書き込まず、その上に仮想的な薄い紙を載せてそこに書き込むのです。なので、例えば年に一回書かなければいけない申請書なども、一度書いた薄い紙を使いまわすことができます。書式が毎年微妙に変わる申請書でも、文字の位置をちょっと変えるだけでOK!これは便利ですよね。

ペン・タッチにもフル対応

さらにAxelaNoteはSurfaceなどのタブレットPCにフル対応!手書きすることもできます。お使いのPCがペンやタッチに対応していなくても、例えばWacom Intuosのようなペン入力装置を使えば手書きができます。申請書には氏名などは自著なんて項目があることがあるので、備えあれば憂いなし!です。

基本機能はずっと無料

AxelaNoteは基本機能はずっと無料です!フル機能も14日間は登録成して無料で利用できるので、ぜひ使ってみてください。こちらからインストーラーをダウンロードできます。インストールは10秒もあれば終わります。

ペーパーレス化にお困りですか?

Windows用PDF編集ソフトAxelaNote(アクセラノート)をお試しください。PDFや画像に透明シートを重ねて書く方式なので、注釈禁止でも印刷禁止でも書き込めます。タブレットPCにもフル対応!今なら14日間無料です。

図面や原稿を扱う建築・製造業様から、レポートの採点をする先生まで広くご利用頂いております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする